リンゴ

リンゴ

りんごのはちみつ漬けの効果とは?日持ち効果と健康効果を紹介!

今回は、りんごをはちみつに漬けるとどうして日持ちが良くなるのか、また、りんごのはちみつ漬けの美容健康効果についても紹介します。りんごをスライスしてはちみつに漬けるだけ。簡単に作れるのに美味しくて日持ちもするりんごのはちみつ漬け。買ってきたりんごが甘くなかった時にもオススメですよ。
リンゴ

りんごは夜ご飯の後に食べると太る?痩せる?1日何個が適量?

この記事では、りんごは夕食の後に食べると太りやすいのか、1日の適量は何個なのかについて紹介します。また、りんごを毎日食べた時のダイエット効果についても紹介しますよ。「りんごが赤くなると医者が青くなる」と言われるくらいリンゴは健康にいい食べ物として知られていますが、甘いので夜に食べるとなるとカロリーが気になりますよね?
リンゴ

りんごを塩水に浸けるのはなぜ?塩水の濃度や時間も紹介!

今回は、りんごを塩水に浸けると茶色く変色しにくいのは何故なのか、また、りんごを浸ける塩水の濃度や時間はどれくらいがいいのかについて紹介します。りんごが茶色くなるのを防ぐために塩水に浸ける人は多いと思いますが、なぜ塩水に浸けると変色が抑えられるのかを知っている人はそんなに多くないんじゃないでしょうか?
リンゴ

リンゴが赤くなると医者が青くなるは本当⁉リンゴの効能は?

今回は、リンゴに含まれる栄養素や効果的な食べ方・保存方法について紹介します。昔から『リンゴが赤くなると医者が青くなる』と言われています。リンゴの効能を少し紹介すると、大腸がんの予防・ 高血圧の予防・ 便秘解消・ むくみ解消・ 肥満予防などがありますよ。
リンゴ

りんごがぼけるは方言!パサパサが一般的?ぼけたりんごは復活できる?

今回は、「りんごがぼける」の意味や使われる地域、さらにはボケたりんごの活用法について紹介します。私が住んでいる地域では「りんごがぼける」って普通に使うので、日本全国どこでも通じると思っていましたが、調べてみると実は方言だったんですね。
タイトルとURLをコピーしました