キウイは朝食べても大丈夫!ダメと言われていた原因は?

今回は、キウイの噂「キウイは朝食べない方がいい」の真相をお届けします。

美味しくて栄養満点のキウイは、人気の果物ですよね。
でも、日焼けが心配で朝は食べないようにしている、という人もいるのでは?

キウイは朝食べない方がいいと思っていたみなさん、それは間違った情報ですよ!
むしろ、せっかくの便利な栄養源キウイは朝食べるのがおすすめ!

朝のキウイがダメというデマが流れたいきさつを紹介しながら、誤解の原因となった成分ソラレンについても紹介します。

ぜひ、キウイについて正しく知ってくださいね。

朝キウイで日焼けするは本当?朝食べない方がいい?

ネットでキウイや柑橘類を調べると、たくさんのサイトで
「キウイやビタミンCが多い柑橘類は朝食べない方がいい」
「朝キウイは日焼けや皮膚の炎症を起こす可能性がある」
などの情報がすぐにみつかります。

結論から言うと、これは嘘。

キウイは朝食べても全く問題ありませんし、日焼けや肌荒れなどの心配もありません。

 

では、なぜこんなデマが広まったのでしょうか?

もとをたどると、2015年にアメリカで発表された論文の「光毒性物質ソラレンを含む柑橘系の果物を多く食べる人は皮膚がんのリスクが高まる」との情報でした。

この論文で、研究に使われていたのはオレンジとグレープフルーツ。

ところが、どういうわけか
「ソラレンの多い柑橘系=柑橘系はビタミンCが多い=ビタミンCが多い果物はソラレンが多く含まれる」
と、勝手に間違った解釈がされてしまい、キウイやその他ビタミンCが多い果物に日焼けや皮膚がんリスクのがあるとされたようなんです。

さらに、とある本で
「キウイにソラレンが含まれている」
とされて以降、たくさんのテレビやメディアで、
「キウイやビタミンCの多い柑橘類はソラレンによる日焼けのリスクがあるため、朝食べない方がいい」
と、当たり前のように紹介されるようになったのでした。

毎日キウイを食べていたらどんな効果が!?食べ方のポイントも紹介!
今回は、キウイの効果やおすすめの食べ方を紹介します。果物の中でも、栄養価が高く健康に良いと知られているキウイフルーツ。でも、間違った食べ方をすると健康をそこねてしまうこともあるんです。この記事では、キウイを食べると得られる健康効果とともに、食べ方のポイントも紹介します。 簡単美味しいキウイスムージーの作り方も必見ですよ!

実際は、キウイはソラレン0%、まったく含まれていないんです。

でも、誰もキウイにソラレンが含まれるかどうか、根拠となる情報は持っていなかったというから驚きです。
キウイからすれば、とんだ濡れ衣ですよね…。

この濡れ衣を晴らしてくれたのが、キウイ研究一筋の西山一郎教授です。

西山教授が、過去にデータがなかったキウイなどの果物のソラレン含有量を調べました結果、キウイからはソラレンは検出されませんでした。

つまり、朝にキウイを食べても大丈夫!

むしろ、栄養豊富なキウイはぜひ朝食べたい果物ですよ。



誤解の原因となった「ソラレン」とは?

ここからは、朝キウイがダメという誤情報の原因、ソラレンについて詳しく紹介します。

ソラレンが多く含まれているものは何なのか
ソラレンによる日焼けや皮膚炎を防ぐには、どんなことに注意すべきなのか
についても、確認しておきましょう。

 

<ソラレンって?>

ソラレンは、光毒性があるフロクマリンという化合物の一種で、紫外線に反応して紫外線の吸収を高め、肌の炎症を引き起こします。

その結果、日焼けやシミ・シワを促進させるといわれています。

最初にお話ししたアメリカの論文では、ソラレンの影響によって皮膚がんやメラノーマなどが増えたとされています。

ちょっと怖いですね。

 

<ソラレンは何に多く含まれる?>

噂に反して、キウイには全く含まれていなかったソラレン。
キウイのほかにも、ソラレンが含まれるとされていたのは、レモン、みかん、いちじく、オレンジ、グレープフルーツ、じゃがいも、きゅうり、三つ葉、大葉、セロリ、パセリ、アシタバなどでした。

西山教授の研究では、これらの食品の果肉部分にも、ソラレンは全く含まれていないか少量含まれるだけでした。

ちなみに、ソラレンが紫外線の吸収を高めるには10mg以上の摂取が必要とされています。
これは、レモンでは30kg分だそうです。

ただし、グレープフルーツは457gとのことなので、グレープフルーツが大好きな人は少し注意が必要かもしれません

 

では、何にソラレンが多く含まれているかというと、一部の果物の皮や葉などです。

例えば、いちじくの葉や枝、オレンジ、レモン、ライムなど柑橘系果物の皮が挙げられます。

いちじくを収穫する人や、柑橘類を皮ごと調理したものを食べる場合は少し注意が必要ですよ。

 

<どんなことに注意すべき?>

ほとんどの場合、ソラレンを気にして食べ控える必要はありません。

ただし、次のような場合は念のため気をつけましょう。

  • いちじくの葉や皮に触る
  • 柑橘類の皮を触る、食べる
  • 柑橘系の皮ごと顔につけるパックを使う
  • 柑橘系のアロマオイルを肌に使う

これらの後に日に当たると、皮膚の炎症が起こる可能性があるそうです。




ちなみに、ビタミンCとソラレンはまったくの別物です。

市販されているビタミンC配合の美容液やサプリメントには、ソラレンは含まれませんから安心してくださいね。

それにしても、誤情報がさも当然のように拡散されているって怖いですよね。

ソラレンの含有に関しては、ソラレンを含む部分のあるオレンジやいちじくでの間違いならまだしも、キウイは全く関係ありませんでした。

わが家でも、キウイは健康のために毎朝食べるようにしています。

キウイを朝食べれば、美肌や風邪予防にもなりますよ。

キウイダイエットは1週間で効果ある?食べる個数や方法は?
今回は、キウイダイエットでキウイは何個食べればいいのかや、キウイの効果的な食べ方など、キウイダイエットのやり方を紹介します。最近よく耳にするキウイダイエット。キウイの栄養価の高さは以前から知られていましたが、ダイエット効果も期待できますよ。キウイには便秘やむくみに効果がある食物繊維やカリウムが含まれているんです。
りんごが赤くなると医者が青くなるは本当!?リンゴの効能は?
今回は、リンゴに含まれる栄養素や効果的な食べ方・保存方法について紹介します。昔から『リンゴが赤くなると医者が青くなる』と言われています。リンゴの効能を少し紹介すると、大腸がんの予防・ 高血圧の予防・ 便秘解消・ むくみ解消・ 肥満予防などがありますよ。

まとめ

キウイを朝食べない方がいい、という情報は全くの嘘でした。

本当の問題は、ソラレンという成分。

ソラレンは、ビタミンC豊富な柑橘類の皮に多いのは確かで、アロマオイルの使用など注意すべき点はありました。

でも、ビタミンCが豊富な果物を朝食べてはいけないというのは間違いです。

キウイは、栄養たっぷりだけどソラレンは含まれません。

朝食にキウイを食べて、元気な毎日を過ごしましょうね。

タイトルとURLをコピーしました