妊婦は柿を食べていいの?柿を食べると流産するって本当?

秋が旬の柿ですが、甘くてとても美味しいですよね!私も柿が好きなので、秋になると必ず食べています。

そんな柿ですが、妊婦さんは食べてはいけないと言われていますよね?

でも柿には妊婦さんにうれしい栄養もたっぷり含まれているんです。

そこで今回は、妊婦さんは柿を食べてもいいのか、どうして柿を食べてはいけないと言われるようになったのかなど、妊婦さんと柿の関係について紹介します。

妊婦が柿を食べると冷える?下痢や湿疹が起こる場合も?

妊婦さんが柿を食べてはいけないと言われているのは、柿は体を冷やす食べ物だからです。

でも実は、妊娠中に柿を食べてはいけないという事はありません。

要は量の問題なのです。

柿には「タンニン」という成分が含まれています。そのタンニンを摂取し過ぎることで、体が冷えてしまうんです。ちなみにタンニンは、鉄分の吸収を阻害する働きがあることからも、摂り過ぎには注意が必要です。

柿は薬膳の観点からみると、「寒性」に属しているので、そもそも体を冷やす効果のある食べ物なんです。

妊婦さんは、お腹を冷やしてはいけないので、柿を食べてはいけないと言われているわけです。

また、妊婦さんは、体が冷えるとつわりがひどくなるとも言われているので、妊娠初期には控えた方がいい食べ物ということですね。

 

妊婦さんが柿を食べると、下痢や湿疹が起こる場合もあります。

柿には沢山の食物繊維が含まれているために、食べる量によってはお通じが良くなりすぎて、下痢をしやすくなってしまいます。

そして、柿に対してのアレルギーが起こって湿疹がでることもあります。

今では昔と違って、アレルギーの種類が増えてきました。柿でアレルギーを起こすことも100パーセントないとは言い切れません。

さらに、妊娠中となると体質が変わっていることもあります。

そんなことから、妊娠中に初めて柿を食べる時には、少し気を付けた方がいいかもしれませんね。



柿の栄養は妊婦にもうれしいものがいっぱい!

これまで柿の悪い部分について話してきましたが、実は柿は食べ過ぎなければ、妊娠中の体にとても良い食べ物でもあるんです。

柿が豊富に含んでいる体にうれしい成分には、以下のようなものがあります。

  • ビタミンC
  • マンガン
  • カリウム
  • ペクチン(食物繊維)

 

まずビタミンCですが、免疫力・抵抗力を高めるので、風邪をひきにくい体を作ることができます。

そんなビタミンCが、柿1個に100㎎以上含まれています。(みかんの2倍・レモン1個よりも多い

妊娠中に風邪はひきたくないので、ビタミンCを多く含む柿を食べて、風邪をひきにくい体づくりをしたいですね。

 

そして、柿にはマンガンも豊富に含まれています。

マンガンには、体の代謝を促す効果があります。

柿1個で1日に妊婦さんが必要な量の約25パーセント(約0.8mg)を摂取できますよ。

妊娠中に食べたい果物の1つですね!

 

そして、カリウム。

カリウムといえば、体内の塩分を調整してむくみ解消に効果がある成分ですよね。

妊娠中はむくみやすいので、柿から摂取できるカリウムで自然とむくみを解消したいですね。

 

最後に、柿に含まれるペクチンは、水溶性の食物繊維で整腸作用があります。

ペクチンが水分含んで便を軟らかくしてくれるので、便秘に効果があります。

妊娠中は便秘に悩むことも多いので、便秘解消効果はうれしいですね。

また、コレステロールを下げたり、血糖値の上昇を抑制する働きも期待できますよ。

 

以上、妊娠中に柿を食べるデメリットとメリットを紹介しました。

結論としては、たくさん食べなければ妊娠中でも柿を食べてもいいということです。

柿は甘味が強く、糖分も多いので、食べ過ぎは体重増加にもつながります。
毎日食べるなら1日1個程度、たまに食べる場合でも2、3個までにしておきましょう。



妊娠中の柿は、食べ過ぎなければ体にいいことがいっぱいなので、きちんと調節して食べましょう。
ちなみに、干し柿も妊娠中に食べても大丈夫ですよ。

しかし、干し柿1個あたりのカロリーや食物繊維の量は、生柿1個分と大きく変わらないので、こちらも食べ過ぎには注意が必要です。

そして、干し柿にするとビタミンCが大幅に減少するので、どちらかといえば生の柿の方がおすすめです。干し柿もおいしいですけどね。

柿は皮ごと食べられる!?栄養は皮目に多い!農薬の洗い方も紹介!
今回は、柿の皮の栄養や皮を食べる時の注意点などを紹介します。柿は皮をむいて食べることが多いですよね?でも、野菜や果物などは皮ごと食べるのが栄養的には一番いいと言われています。柿の皮が硬くて気になる時の対策も紹介しますよ。

妊婦が柿を食べると流産するって本当?

妊娠中に柿を食べると流産すると聞いたことがありませんか?

しかし、これは医学的に証明されたことではないため、単なる噂と考えられます。

では、なぜこんな噂が流れてしまったのでしょうか?

実は妊娠初期では、流産する確率は8~15パーセントもあると言われています。

自然に流産してしまう確率は以外にも多いですが、その多くは胎児側の先天的な要因とされています。

その他にも、妊娠中にたこを食べると子どもにイボができるなども言われています。
私はそんなことは知らなかったので、妊娠中にもタコを食べましたが、誰もイボなんてできていませんが。。。




妊娠初期にたまたま流産してしまった人が、悲しみのあまりに「柿を食べたせい」だと思い込んでしまって
、その話が伝わっているのではないかと言われています。

たこの場合も、たまたま子供にイボができた時にタコの吸盤が連想されて(?)、タコを食べたせいだと思い込んでしまったのかもしれませんね。

柿をいっぱい食べたからといって、大きなトラブルになることはないです。

しかし、体が冷えるとつわりがひどくなるので、妊娠初期の過剰摂取はやめておきましょう。

干し柿は体に悪い?カロリーや食べる目安は?アレンジレシピも紹介!
今回は、干し柿は本当に体に悪いのか?1日に食べていい目安はどれくらいなのか?さらに干し柿の気になるカロリーやアレンジレシピも併せて紹介します。干し柿って甘くて美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまいます。でも、あの甘さ…カロリーも気になりますよね。

まとめ

今回は、妊娠中の柿について紹介しました。

妊娠中でも柿は食べて大丈夫ですよ。

でも、柿は体を冷やす果物なので、1日1個までと決めておきましょう。

1日1個柿を食べることで、妊娠中に必要なビタミンC・カリウム・食物繊維などの多くが摂取できます。
干し柿も食べていいですが、これも1日1個までとして、食べすぎには注意しましょう。

また、妊娠中に柿を食べると流産するというのは、医学的に証明されていません。

でも、体を冷やす柿は、つわりを悪化させる場合もあります。

つわりがひどい場合は、つわりが終わってから食べるようにするのがいいですね。

タイトルとURLをコピーしました